ごちゃまぜハーレー語り草
ごちゃまぜハーレー語り草

ホーンやタンクキャップとケーブルなどをパーツ交換

ハーレーでツーリング

ハーレーはホーンやタンクキャップおよびケーブルなどの細かなパーツも交換できるところが人気の一つです。自分のハーレーのホーンを鳴らしてみたところ、思っていたよりも音色が悪くてがっかりすることがあります。そんな場合には自分が好きなホーンの音色に交換してみましょう。

ホーンカバーには多くのバリエーションが用意されています。ハーレーのホーンは、ホーンの上にあるナットを外し、ホーンが接続されている配線を外してから、ホーンカバーを留めているボルトを外します。ホーンカバーからホーンを取り外したら、カスタムが可能です。カスタムホーンカバーにホーンやブラケットを取付けたら、再度ホーンを車体に取り付けます。その時に配線を忘れずに取り付けましょう。ホーンの音色を変えるには、カー用品店で商品の音色を確かめてみるのがいいです。

集まるハーレー

ハーレーのタンクを変えるのは少し大変かもしれませんが、タンクキャップであれば簡単に交換できます。いろいろな会社から構成あふれるデザインのタンクキャップが発売されています。

ハーレーのハンドルも交換パーツとして人気です。交換する時にはクラッチケーブルが届かなくなったり、切れてしまうことがあります。その時には適切な長さのケーブルを選んで、交換しましょう。

日本人がハーレーを選ぶ理由

ハーレーの展示

日本には国産のバイクではなく、アメリカ産のハーレーを乗る人もいます。ハーレーのバイクは国産のバイクと比べると見た目に高級感があり値段も高いです。値段も高いハーレーに何故日本人が乗りたがるのでしょうか?そもそも、ハーレーとはアメリカのオートバイメーカーが作っているバイクで100年以上の歴史があります。長い歴史があるからこそ安心感がありますね。

ハーレーに日本人が乗る理由はいくつかあり、アメリカ映画などで革ジャンやサングラスをかけて乗る姿にかっこ良いと憧れて乗る人もいます。

それ以外にも、ハーレーの国内産バイクと違った乗り心地や高級感があるという理由もあります。ハーレーの乗り心地は直線を走るのに国内産バイクと比べて飽きることがなく、振動が滑らかです。ハーレーにはいじれる箇所が沢山あるので、自分でオリジナルのカスタムが出来るのでバイク好きには人気があります。1つ1つの部品も外国産で出来ていて高値なのでハーレーを所有するのはお金に余裕がないと買えないこともあり、貴重さも人気のひとつです。ハーレーはデザイン的にも目立ち、お洒落に見える良さもあり、日本人はついつい乗りたくなってしまうのかもしれないですね。

ハーレーに乗る